※写真は通常、長辺800ピクセルでアップしてあります。クリックすると大きな画像を見られます。
カテゴリ:レンズ遊び( 40 )
華やいで日差しを浴びて、ふんわりと。

[PR]
by enu_blog | 2009-10-21 07:55 | レンズ遊び
SIGMA 50mm F1.4 EX/DG
どこぞでwalzさんに呼ばれたような気がして買ってきましたw
EOS-5Dでのお試しインプレです。
注)見に来てくれる方々へ。私はあくまで『ぬるいレンズマニア』です。
 ちゃんとした知識があるわけではないので、いい加減なことを書いてるかもしれません。
 鵜呑みにして人に話すとバカにされたりするかも。。。

[AFとか]
・AF速度は遅くない。けど最後に合うまで一呼吸かかる。
 親指AFを常用しているが、ちょっと長めに押してやる必要がある。
・AF/MF切り替えスイッチが少し軽い。何度かバッグの中でMFになっていた。
 フルタイムMF可能なんだし切り替え自体いらないよなぁ...と個人的には思う。
・レンズキャップは良し。
[開放では]
・開放からとてもシャープ。ただしピントはかなり合わせづらい。
 特に最近接では、AF/MFともわずかな前ピンに悩まされた。
・周辺光量は豊富な方。逆にわざと落としたくてもそれほど落とせない。
・周辺部のボケは、嫌なものではない。
 色収差はほぼなし、ってこともないがよく抑えられてる。
 後ボケはリング等にはならず、きれいな平面状。口径食はそりゃまあ、出る。
 コマ収差(サジタルコマフレア)はそこそこ目立つ。F2.0を超えると概ね大丈夫。
・最周辺部の画質は良くない。EOS-1D系などの x1.3倍機ならおそらく問題なし。
 なぜなのか?もしや最周辺部は像面湾曲がある?(未確認)
[どこまで絞るか]
・F2.8くらいまで絞れば、全面カリカリ。おまえはDP1かと思うくらい。
 開放での画質的な難点はほぼクリアされ、絵的な印象もDP1に似ていると思った。
 周辺画質を特別に気にするような被写体でなければ、もちろんそんなに絞らなくてOK。
・フレアがかった写りをするのは F1.8 まで。それを楽しめるのは F1.6 まで。
・F8までは良いが、F11まで絞ると回折ボケが目立ってくる。
 距離差が極端に大きいのでなければF8くらいまでにしておくのが良さそう。

参考画像:前ボケ点光源

絞り毎のシャープさ比較画像とかは、大きいので省略w 自分が見てつまんないし。
撮ってきた写真は何枚か、次回にでも。
[PR]
by enu_blog | 2008-06-15 07:47 | レンズ遊び
なつやすみのこうさく(3) -続:コンパクトカメラのレンズであそぼう-
休みが終わっても、こうさくは終わらない。そんなところが夏休みの宿題っぽいなぁと思いつつ。

BIGMINIレンズ、もうちょっとなんとかしたいなと思って100円ショップをウロウロと歩いてみた。
結果、こうなりました。何使ったかわかります?


そう、消しゴムと両面テープ。あいかわらずやっつけな、でも一応目的ははたせる工作でした。
いい素材みつかったらもっとしっかりしたの作りたいけどね。
[PR]
by enu_blog | 2007-08-21 06:42 | レンズ遊び
なつやすみのこうさく(1) -コンパクトカメラのレンズであそぼう-
ひっそりとライフログに載せた「キッチュレンズ工房」に触発され、去年買っておいたジャンクカメラのレンズをようやく取り出してみた。
何台かあるうちのひとつ、コニカBIGMINI(BM-S 70)のレンズをRD-1のボディキャップに適当につけて撮影。
BIGMINIは写真趣味に入ったきっかけになった機種でもあるし、思いいれあるんだよなぁ。
a0010867_18572384.jpg
(R-D1 + BM-S70レンズ)
まだ落とし込みが足りず、ピント位置は1m弱くらいか。
適当といってもけっこうめんどくさい。なんか調整とか簡単にできる方法を考えねば...
ちょっと重くなるけどプラ粘土で固めちゃうとか楽かな...
でも作りきってしまえばいい感じで使えそう♪

P.S. ついでに DxO FilmPack を使ってみた。1枚だけサンプル
[PR]
by enu_blog | 2007-08-18 19:02 | レンズ遊び
Welcome to ...
a0010867_239451.jpg
a0010867_239196.jpg


[More] 魚眼世界...
[PR]
by enu_blog | 2006-08-19 23:25 | レンズ遊び
ギョガンデス
魚眼ギョガーン、てな感じで初めて魚眼レンズを買ってきました。
全周の8mmにしようかとも思ったんですが、対角の方が使いやすいかなということで16mmです。
みんなそうだと思いますが、初めて使うと楽しい。。
いまいちシャープ感が乏しいので絞り込むんですが、どの辺まで絞るべきかまだはっきりしません。F4~F8くらいがいいとこかな?

(EOS 5D + MC ZENITAR-M 16mm/f2.8)
ま、同じ撮り方ばかりでは飽きるの必至ですが。
※『レンズ遊び』なので一応書いとこ: 画像いじってます。
[PR]
by enu_blog | 2006-08-15 00:28 | レンズ遊び
DC Nikkor おもしろ。
以前からミノルタのSTFと同様に興味があった、ニコンの DC Nikkor (ボケ味コントロール:Defocus-image Control) 105mm を借りました。
以前ネットで見たことはあるけれど、そこは私のこと。内容なんてほとんど覚えてません。
モノ見て、試して、結果見て。理屈はわからないけど、感覚的に判断です。
正しい解説は、よそを参考にしてください。適当に検索すると、良いサイトが出てくるはずです。

トリミングあり+シャープをかけてますが、その方が傾向がわかりやすそうだったので。
更にWBも近くなるように後で変更してます。(なんでこんなにバラつきますか>Nikon)
もっとまじめにテストした方がいいと思います>自分

D70 + DC Nikkor 105mm F2(開放)、まずはDCリングを 0 に合わせた状態で。
DC Nikkor 105mm / DC:normal
普通にきれいです。

次にはDCリングを F側:2。
DC Nikkor 105mm / DC:F2
前ボケが少しソフトになりました。後ろは固め。

続いてDCリングを R側:2。
DC Nikkor 105mm / DC:R2
前ボケは固め、後ろがソフトになりました。

ボケ味が良くなるというより、フレアっぽいソフト効果がかかる感じです。
ピント精度の問題もあるとは思うけど、R側の方が強くかかるようで。
逆側が固くなるせいか、被写界深度の範囲が逆側にずれ、ピント自体がずれているように感じられます。(ピント位置自体は実際ずれるのですが、それをAFで合わせた後での話)

[More] 絞り値よりDCリングの設定を大きく変えるとどうなるか。
[PR]
by enu_blog | 2006-05-21 23:22 | レンズ遊び
ノスタルジックな写真を撮るために...
かなりツボな話が振られてきたので、関連で2つほどご紹介をば。
『トイカメ風の』『ポラロイド風の』『ノスタルジックな』『レトロな』といったイメージの写真を撮りたくなることが何度もあります。
もちろん本物で撮ればいいのですが、私はやっぱりデジでやりたい(その方が楽だから)。
後処理でやるのもいいけど、撮る時点でもある程度イメージに近づけておきたい(その方が楽しいし楽だから)。
そんなわけで、レンズやカメラ設定で遊ぶことがあります。このサイト(およびブログ)でまともに紹介したことはなかったので、この機会に。

1つめ。2004年の暮れにやっていた「フィルタ汚し+長フード+後処理」。ベースのレンズ自体もイメージに近い描写をしてくれるものを選んでいます。後処理にはMelancholytronというPhotoshop用のフィルタ製品を使っています。
フィルタ中心部以外は汚れ上等!50mmレンズに135mm用フード
+Melancholytron+Melancholytron+Melancholytron+Melancholytron
(EOS 20D + PENTACON auto 50/1.8 + いろいろ)

2つめ。5Dを使い始め、PictureStyleで遊ぶと後処理なしでもそこそこ行けるようになりました(参照)。そうなるとAFの使えるレンズでもっとお手軽にやりたいとか思うわけで。5Dは周辺減光がとか言われますが、はっきり減光させるためにはもうひと手間いります。
そこでEF50をベースに、手作り感のない市販品を組み合わせてやってみました。扱いやすいようにフードなしで。
好みの変化もあって、にじみ重視でDUTOフィルタを使っています。こちらの作例は縮小のみです。
DUTOフィルタ+ステップダウンリングDUTOフィルタ+ステップダウンリング
縮小のみ縮小のみ
縮小のみ縮小のみ縮小のみ
(EOS 5D + EF50/1.4+DUTO+StepDown)

あとはユーロセピアフィルタを組み合わせてみたいかな。。
[PR]
by enu_blog | 2006-05-06 08:49 | レンズ遊び
目測で遊ぼう
距離計非連動のLマウントレンズ、スナップショットスコパー25mmを買って使ってみています。
そういうのもレンジファインダーらしいかなと。(35mm相当のレンズが欲しかったというのが大きい)
(R-D1 + Snapshot Skopar 25/4)

で、どうせ目測ならAngenieux使ってみたいかな、とか思いました。
で、マウントアダプタを見に行ってみると...高い。Exakta-Leica M は2万円以上します。
さすがにちょっと.....ということで半額くらいで買えるPentax K-Leica Lを買ってきました。
うちの場合、これがあればAngenieux付くことは付くんだよな、と。
試してみると、手の届くところが無限遠(^^;; SD10で5m弱くらいは行ってたんだけどなぁ。。
そういえばPENTAX機で試したことないしな。。。。

気を取り直して他のレンズを付けてみます。とはいえ正しいKマウントレンズは1本もありません。
そこで、次に出てくるのは、これ。
R-D1 + M→Lリング + マウントアダプタ(L→K) +<br />
 Planar50(改)R-D1 + Planar 50/1.4
うちの場合、SD10で使っていたPlanar50/1.4改はKマウントなんですよね。PENTAX機持ってないのに。
このレンズ、これで D30→SD10→R-D1 と3つのマウント違いデジカメを渡り歩いてきたことになります。

まだこれでは終わりません。久々にマウントアダプタを少々削って、ちょっと無理やりつけてみます。SIGMA 18-50 EX DC(SA)。
R-D1 + M→Lリング + マウントアダプタ(L→K) +<br />
 SIGMA 18-50/2.8 EX DCR-D1 + SIGMA 18-50/2.8 EX DC
やっぱりシャープですね。しかし、AFレンズを目測で使うってさすがに厳しいです。絞れないし。

[PR]
by enu_blog | 2006-03-17 00:54 | レンズ遊び
Angenieuxと逆光の髪
Planarを使い始めた頃から使ってみたかったレンズがある。Summiluxだ。
どうせならMマウントで球面でと思ってなかなか手が出せないでいるが、いつかはきっと買うだろう。
Summiluxで撮りたい被写体、それは逆光に輝く女性の髪。繊細で柔らかな描写をするレンズで撮りたいのだ。

Angenieuxを使い始めて、このレンズでもそれが撮れるかもしれないと思った。
そして9月、その機会がやってきた。
山崎志麻山崎志麻山崎志麻
(EOS 20D + Angenieux 35/2.5 モデル:山崎志麻
背景の色に溶けてしまってはいるが、髪の光は出したかった色のひとつだ。
撮る前、撮ったとき、撮った後、ああAngenieuxを持っていてよかったなぁと思った。
次に機会があったら、今度は5Dで、もっとうまく撮りたいものであるな。
[PR]
by enu_blog | 2005-11-03 13:08 | レンズ遊び