※写真は通常、長辺800ピクセルでアップしてあります。クリックすると大きな画像を見られます。
タグ:工作系 ( 11 ) タグの人気記事
SDxにいろんなレンズ
SD14でEFレンズを使いたいのだけれど、というメールがありました。
久々に後継機が発売されたわけで、その辺どうなのか知らない方が多いわけですね。
ここでちょっと、SDシリーズに他マウントレンズをつける方法についてまとめておきましょう。
注)SD14は持っていないため、最近の事情はわかりません。maroさんのサイトなども参考にしてください。

■市販のマウントアダプタ
・M42マウント
 マウントアダプタがあります。→desna-ua第二工場から。
・Nikon Fマウント
 SD9, SD10 では外爪を利用したアダプタが使えました。→第二工場
 SD14では外爪が廃止されたため、使えません。(雄さんがSD14対応版を開発中のようです)

[More]この先は自己責任の世界
[PR]
by enu_blog | 2007-03-07 02:35 | デジカメ達・写真機材
Planar 50/1.4 無限遠調整
外は雨。せっかくK10D用にレンズ買ったのに寒くて試し撮りに出たくない。
そこで今日は、「P50のマウント改造はできた。でも無限遠が出ない、調整方法がわからない」 というニッチな層に向けての記事をば。
(何を隠そう、私も今日までやり方を知らず、めんどくさいことしてました。)

ネット検索と以前の分解で得た経験を元にした、「たぶんこれが一番簡単」 な方法です。
今回はマウント側には触りません。レンズはカメラに付けたままでOKです。屋外でもできます。
用意するもの: 精密ドライバー(+)、自己責任

1.銘板のついた鏡枠をはずします。
  ピントリングを近距離側に回すと、レンズ先端の鏡枠がニューッと伸びます。最短距離(0.45m)まで行きましょう。 
a0010867_924524.jpg
  実はこの鏡枠は単にねじ込んであるだけなので、簡単に外せます。
  伸びた鏡枠をつかんで反時計回りにグッと回すと緩みます(普通のネジと同じ方向)。クルクル回して外しましょう。
a0010867_92501.jpg
2.ピントリングを解放します。
  まずピントリングを∞まで回しましょう。
  次に、前から見えるネジのうち、外側の3本を緩めます。(外さないでOK)
  するとピントリングがヘリコイドから解放され、スカスカになります。
3.無限遠に合わせます。
  スカスカになったピントリングを適当なところまで回します。最短距離でいいでしょう。
  緩めたネジのうち1本を締めると、またピントリングが効くようになります。
  なるべく遠くの被写体にピントを合わせましょう。
  ∞まで行ってもまだ合わなかったら、ネジを緩めてもう一度。
4.その位置を∞とします。
  締めたネジをまた緩め、ピントリングがスカスカの状態で∞の位置に合わせます。
  そのまま3本ともネジを締めましょう。
  これで調整は終わりです。ピントリングを最短距離に合わせ、外しておいた鏡枠をしっかりはめなおします。


P.S. ちなみにレンズ前群がはまっている枠も、ねじ込んであるだけです。
  1.で前枠を外した状態からそのままレンズ枠を回すと外れます。
  ホコリなどが入っている場合は、レンズ前群を外してブロアで吹き払うといいでしょう。
[PR]
by enu_blog | 2007-01-06 10:08 | デジカメ達・写真機材
5D に Angenieux を @横浜
5Dに手持ちのレンズを試してみたところ、ミラーが当たってそのままでは使えないものがいくつかありました。
そのひとつがAngenieux 35/2.5(Exaktaマウント)。大好きなレンズです。

私のExakta-EOSアダプタは前に書いた通り、無限遠に少々届かない程度まで削っています(0.4mm弱らしい)。
5Dにつけると距離に関係なく、ミラーが開くことは開き、閉じるときにつかえていました。
(画像が残る場合、帯状に中央部分だけ写っていました)
このレンズは、無限遠時の後玉よりもマウント座金が後ろに出ています。
ミラー当たりは少しのようですから、座金を削ればなんとかなるかもしれません。

で、削ってみました。削っては試写を繰り返し、これ以上は強度が不安だなと思いながらも削り...
なんとかミラーが当たらず、普通に撮れるところまできました。

というわけで、早速撮りに行ってみました。
日本丸コスモワールド赤レンガ倉庫氷川丸
なかなかいい感じです。カメラの違いで、20Dとは撮り方変わりそうですが。

日本丸ついでに、今話題の後光レンズ(EF24-105L IS)に対抗して後光写真狙ってみました。
3本しか出せませんでした。この程度ではありがたみがありませんな。
↑初めてEFレンズを新品で買おうかと思っているのですが、これまた予約していないのでなかなか買えません。
(EOS 5D + Angenieux 35/2.5)

[PR]
by enu_blog | 2005-10-13 23:12 | レンズ遊び
Exakta-EOSマウントアダプタ
666さんの情報で、私もマウントアダプタを削ってみました。
私はいつもの通りハンディルータによる手作業なので精度は全くでてないでしょう。
まだ削りたりないようで無限遠はでませんが、20~30mくらいまでは行くようでひとまず満足しました。気が向いたらもう少し削ります。
Angenieuxの柔らかい描写を距離を気にせず楽しめるようになってうれしい!

 

[PR]
by enu_blog | 2005-07-17 18:54 | レンズ遊び
Angenieux Retrofocus TYPE R1 35/2.5(Exakta)
映画のような写りで最近気になっていたレンズ、アンジェニューを買ってみました。
店頭で見たらその容姿にクラッときてしまって。M42もあったけれども高いのでExaktaマウントで..
正直SD10や20Dには似合わないんですがね。
部屋に転がっていたPENTAX用レンズのマウント金具にはめ込んだらそのまま使えたのですが、20Dでも使いたいので部品を削ってマウントアダプタ化してみました。
ちゃんとExaktaマウントアダプタになっているかは、レンズ1本しかないのでわかりませんが。



More
[PR]
by enu_blog | 2005-01-10 01:06 | レンズ遊び
Planar 85マウント改造について
メールでご質問がありましたので、こちらにもう少し写真を載せておきます。
マウント改造の材料ややり方は既に書いた通りですが、文章だけではイメージつかみづらいのかもしれないので。
私の作業のいい加減さが見えるかと。。

まず出来上がりのマウント側を見てみましょう。
4つネジ穴を開けたのにネジが2つしか止まってません。
確か外れなかったネジを削り取ったため、本数が足りなくなったせいだと思いました。(忘れてるし)
a0010867_1515868.jpg



More
[PR]
by enu_blog | 2004-09-02 02:04 | レンズ遊び
EF50/1.4 USM 改
a0010867_83646.jpgSD10は七夕まで帰ってこないとのことですが、その前にOutliner撮影会OffがあるのでSD9を借りて行ってきました。
前日D30とSD9のどちらにつけるか悩んだEF50ですが、SD側のラインナップを重視して徹夜で「融合」やっちゃいました(今回はEF→SAのみ)。
シグマ純正にはこういうレンズ(50mm F1.4といった標準域の大口径)がないので、開放好きな私にはCanonがうらやましかったものです。MFならなんとでもなるのですが。。

作業してみての感想:
EF50/1.4のSA化はオススメできません。
理由1. 大変だから
理由2. できあがりの強度等に不安があるから
後玉が大きく、SAマウントの口径が小さい(EFに比べて)ため、マウントの樹脂部品がほぼ使えなくなります。おさえがないので接点がいつ取れるか不安です。
また、樹脂部品全廃するとAFが使えないので瞬間接着剤まで使ったのですが、部品削りが面倒だったのと接着強度の不安があります。
※フランジバック調整はしていませんが、いつも通り気にしません。

撮影データ:
 SIGMA SD-9 + Canon EF50/1.4 USM 改
 F1.4 露出補正+3
 現像パラメータ 全て0 (SIGMA Photo Pro. 2.0)
 モデル:千野りさ

[PR]
by enu_blog | 2004-07-06 08:38 | レンズ遊び
Planar 85 でかっ
あいかわらずマウント交換の詳細を書けないうちに、世間はGWに突入してしまいました。
かくいう私もついにGW突入!今年は短く2日間の連休となりました(ただの土日やん)。

そしてGWに備えて!新たにPlanar 1.4/85が私のSD10に装着されました。
使ってみたい2番手にランクインしていたこのレンズ、実際買おうかどうしようかと思ってはいたのですが、さる方のHPをみて「これは買わねば」となったのです。
たまたま徹夜明け(3時間ほど寝てるので「泊まり」ですが)で早めに帰れる状態だったので、サクッと買出しサクッと装着です。


装着方法について、続きはこちら
[PR]
by enu_blog | 2004-05-01 02:40 | レンズ遊び
再録:ヨロコビノコエ
ご質問もあったことですし、元の写真掲示板ではとっくに流れてしまいましたので、Planarが「とりあえず」付いたときのヨロコビノコエを掲載しておきます。
SD10を買ってちょうど1ヶ月後のことでした。


Planar50   えぬ!   2004年3月15日(月) 2:33    HP [修正]
使った中で一番好きなレンズ、CONTAX Planar 50/1.4がなんとかSD10につきました。
SD10を買う前から「これが付かないのが一番つらい」と思っていたのでとてもうれしいです。
自力改造による技術のなさと持ち前のずぼらさで、レンズ内に削りカスがたくさん入った「ラメ入りレンズ」になってしまいましたが。
それに絞り回りが理解できず、開放はOKながら指標 f2.8 くらいで最小絞り f16 に到達するという厳しいレンズになってしまいましたが。。
今できたばかりなので無限遠がどうなのかとか試してませんが。。。
そんなことはどうでもいいんです。とにかく付いて使える状態になったんだから!!!
a0010867_10611.jpg

注)その後ラメ入りや絞り問題は無事解決しました。
[PR]
by enu_blog | 2004-04-24 10:07 | レンズ遊び
初めてレンズを開けてみる
a0010867_23626.jpgSD10購入に先立って落札していた PENTACON auto 1.8/50 というレンズがありました。
マウントアダプタKを使ってSD10に付けてみたのですが、気に入らない点があります。
・オークション時に書かれていた「絞りねばりあり」
 なるほどかなりの「ねばり」だ。
・絞りピン(正確な用語は知りませんが)がカメラ側の接点等に当たる

...精密ドライバで簡単に開きそうだな。これまでレンズを開けてみたことはないけど中を見てみるか。
という感じで開けてみました。なにやら小さい玉が中でカラカラ言いました。
「なんだろうこれ?」何せ初めてなもので、何のための玉だかわかりませんでした。ま、いいか。
更にネジを外すと、絞り羽根が出てきました。というか、バラバラと散らばりました。
この羽根についてる油を拭き取れば「ねばり」は解消できるんだろうな。
ティッシュで拭き取ってと(いいかげんな作業ですが、そういう人なので)。
絞り羽根を組み直すのはなかなか大変でした。と言いつつ4~5回は組み直しましたが。

この絞りピンがじゃまなんだよな。取りたいな。。取れました。
えーと、スプリングがこうなってるから...こう逆転させれば常に絞りピンが押されている状態にできそうだな。。できました。
なんでもやってみるものですね。

よーしできた。閉めよう。
さっきの玉はなんだかわからないけどいいか。
閉めてみました。絞りを回すとカリカリと小さい音はするもののちゃんと動きます。
よしよし。カリカリ。カッ。。何か引っかかりました。
開けてみると、なにやら小さなスプリングの端が引っかかって曲がっています。
ここに至ってやっとこのスプリングと小さな玉の役割が分かりました。絞りのクリック感を出すためのものだったんですね。
しかし!玉はすでにどこかにいってしまいました。
...ま、しょうがないか。絞りにクリック感がなくても。スプリングも取っちゃえ。

こうして最初のレンズ分解掃除・改造は終わりました。
精度なんてものは全くなくほめられたもんじゃないですが、そのままでは使いにくかったレンズが使えるようになったのでよしとしましょう。
売るわけじゃないから誰に文句を言われるわけでもなし。。。
[PR]
by enu_blog | 2004-04-09 02:37 | レンズ遊び