人気ブログランキング |

※写真は通常、長辺800ピクセルでアップしてあります。クリックすると大きな画像を見られます。
ホワイトバランス
各処で話題のExpoDisc買ってきました。
同時に「あのレンズはどのくらい役に立っているのか?自作したらどうなん?」という疑問の元にいくつかの材料も。




とりあえず簡単に試写を。白熱電球+窓からの太陽光(朝)+蛍光灯です。(リクエストと操作ミスにより差し替え)
・まずセッティング状況(この写真だけ日が違います)
 右から太陽光、左上から蛍光灯です。明るくなっていたので蛍光灯の影響は少ないと思われます。
・AWB -- Photoshop CSのCamera Rawによると撮影時4000K
・色温度設定(3400K)で。 -- 同3350K
※20Dで3400K指定したRAWファイルをCameraRawで見ると、撮影時3350Kと表示されます。3500K指定では3450Kでした。


次にExpoDisc、自作版、オムニバウンスによるマニュアルホワイトバランスです。

どれも顔の向かって左(グレーチャート側)で測りました。
・ExpoDiscを使ってマニュアルホワイトバランスで。 -- 3500K
・舞台照明用のフィルタ00番を9枚重ねで。(これでもまだExpoDiscよりだいぶ透過率高い) -- 3200K
・オムニバウンスをレンズ前に当てて。(用途が違いますが、これも白色半透明のはずなので) -- 2900K
AWBは光源の色をある程度残そうとしていると思われるので参考用ということで。
カラーメーターとExpoDiscは差が出ていないですが、オムニバウンスは少々大きくずれました。

自作版には正確なWBまでは求めず、いくつか色の違うものを作ってコンパクトデジカメの色温度調整用に使いたいと思っています。環境光によらず好みの暖色・寒色を得たい場合用に。
複眼レンズ状(フレネル)になっている素材もどこかで見かけた気がするのですが、昨日は見つかりませんでした。意外とダイソーあたりにありそうな気も。
ExpoDiscでも色フィルタ併用して意図的にWBを崩そうと思ってます(B1併用して測って、少しアンバーに寄せるとか。それなら撮影時に余計なフィルタがかからないし)。
ちなみにお値段は、カラーメーター中古2万円くらい、ExpoDisc1万円くらい、自作版ここまでなら500円くらいです。オムニバウンスはもらいものです。。

。。。あぁ、ひとつ言っておきたいことが。今度書こうと思っていることに関連するのですが。。。
出てくる機材とか見るとまるでプロカメラマン志向の『ちゃんと』写真を撮りたい人のように見えますが、違うんです!機材『にも』興味があるだけなんです。
ま、詳しくは今度ということで
by enu_blog | 2005-03-26 10:55 | デジカメ達・写真機材
<< ひなたの場所 FinePix F10 >>