※写真は通常、長辺800ピクセルでアップしてあります。クリックすると大きな画像を見られます。
ノスタルジックな写真を撮るために...
かなりツボな話が振られてきたので、関連で2つほどご紹介をば。
『トイカメ風の』『ポラロイド風の』『ノスタルジックな』『レトロな』といったイメージの写真を撮りたくなることが何度もあります。
もちろん本物で撮ればいいのですが、私はやっぱりデジでやりたい(その方が楽だから)。
後処理でやるのもいいけど、撮る時点でもある程度イメージに近づけておきたい(その方が楽しいし楽だから)。
そんなわけで、レンズやカメラ設定で遊ぶことがあります。このサイト(およびブログ)でまともに紹介したことはなかったので、この機会に。

1つめ。2004年の暮れにやっていた「フィルタ汚し+長フード+後処理」。ベースのレンズ自体もイメージに近い描写をしてくれるものを選んでいます。後処理にはMelancholytronというPhotoshop用のフィルタ製品を使っています。
フィルタ中心部以外は汚れ上等!50mmレンズに135mm用フード
+Melancholytron+Melancholytron+Melancholytron+Melancholytron
(EOS 20D + PENTACON auto 50/1.8 + いろいろ)

2つめ。5Dを使い始め、PictureStyleで遊ぶと後処理なしでもそこそこ行けるようになりました(参照)。そうなるとAFの使えるレンズでもっとお手軽にやりたいとか思うわけで。5Dは周辺減光がとか言われますが、はっきり減光させるためにはもうひと手間いります。
そこでEF50をベースに、手作り感のない市販品を組み合わせてやってみました。扱いやすいようにフードなしで。
好みの変化もあって、にじみ重視でDUTOフィルタを使っています。こちらの作例は縮小のみです。
DUTOフィルタ+ステップダウンリングDUTOフィルタ+ステップダウンリング
縮小のみ縮小のみ
縮小のみ縮小のみ縮小のみ
(EOS 5D + EF50/1.4+DUTO+StepDown)

あとはユーロセピアフィルタを組み合わせてみたいかな。。
[PR]
by enu_blog | 2006-05-06 08:49 | レンズ遊び
<< momoさん勉強会@リストラン... ゆかりん@ModelMaker... >>